エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

23年ぶりの最新刊「ドラえもん 0巻」反響が凄すぎて発売前にも関わらず2度の重版が決定!

23年ぶりの最新刊「ドラえもん 0巻」反響が凄すぎて発売前にも関わらず2度の重版が決定!

Japaaanでも先日紹介しましたが、ドラえもん50周年を記念して、幻の第1話を完全収録した「ドラえもん 0巻」が12月1日に発売(首都圏では11月27日から順次発売)されますが、予約殺到につき発売前にも関わらず2度の大重版が決定するほどの人気になっているそうです。

小学館のコミックスで発売前緊急重版を2度行うのは、今世紀初めてのことなんだそうです。

「ドラえもん」は、小学館の雑誌「よいこ」「幼稚園」「小学一年生」「小学二年生」「小学三年生」「小学四年生」の6つの雑誌の1970年1月号で連載がスタート。そのため、各雑誌の対象読者別に描き分けられた6種類の第1話が存在するのです。

今回、ドラえもん50周年を記念して発売が決定した「0巻」には、その6種類の第1話を、当時の掲載時の状態ほぼそのままに収録し、読み比べができる形になっています。

また、「0巻」には、「ドラえもん 伝説の予告ページ」も当時の状態で収録。これは、『ドラえもん』連載開始号の前号に掲載する予告ページの締切までに藤子・F・不二雄先生が作品のアイデアを思いつかず、「出た!」というフキダシで主人公の姿を描かずに告知したものと言われているそうです。

さらに、藤子・F・不二雄先生による伝説のドキュメンタリーまんが「ドラえもん誕生」もてんとう虫コミックスに初収録。

てんとう虫コミックス「ドラえもん」としては、1996年の第45巻発売以来、23年ぶりとなる最新刊「ドラえもん 0巻」。ドラえもんファンにとっては絶対にゲットしておきたい一冊と言えるでしょう!

「ドラえもん 0巻」は12月1日に全国書店・コンビニエンスストアで発売されます。(首都圏では11月27日から順次発売)

 
 

RELATED 関連する記事