歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これぞ江戸時代のシンデレラストーリー!八百屋の娘・お玉が歩んだ人生が華麗で素敵すぎ!

これぞ江戸時代のシンデレラストーリー!八百屋の娘・お玉が歩んだ人生が華麗で素敵すぎ!

身分の低い女性が身分の高い男性と結婚する。そんなドラマのようなシンデレラストーリーを実際にやった方が江戸時代にはいました。

その人物の名前はお玉で、後に徳川綱吉の生母・桂昌院(けいしょういん)として知られるようになります。

今回は玉の輿の語源にもなったお玉のシンデレラストーリーを紹介します。

元は八百屋の娘

お玉は諸説ありますが、寛永4年(1637)に京都にある八百屋の娘として生まれたとされています。お玉がまだ幼い時に父が他界し、母は武士である本庄正宗の元へ奉公に出ます。

そこで母が正宗の目に留まり再婚することになり、お玉は武家の娘になりました。

そして、お玉が13歳の時徳川家光の側室・お万の方の部屋子(召使い)として仕えるために京都から江戸へ行くことになります。

ある時、お万の方の部屋子だったお玉を家光の乳母・春日局(かすがのつぼね)は家光の側室にするべく自身の部屋子としてスカウトしました。

2ページ目 将軍の側室になったが、待っていたのは…

 

RELATED 関連する記事