歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

諸行無常の響きあり…裏切りに絶望した悲劇の貴公子・平清経の生涯(上)

諸行無常の響きあり…裏切りに絶望した悲劇の貴公子・平清経の生涯(上)

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
おごれる人も久しからず 唯春の夜の夢のごとし
たけき者も遂にはほろびぬ 偏に風の前の塵に同じ……

……有名な『平家物語』の冒頭部ですが、平清盛に代表される平家一門の隆盛と衰亡ほど、世の無常さを表すエピソードもないでしょう。

そして興る時、栄える時よりも衰える時、滅びる時ほど鮮烈なエピソードが伝えられるものです。

今回は滅びゆく平家一門の中から、悲劇の貴公子・平清経(たいらの きよつね)のエピソードを紹介したいと思います。

2ページ目 18歳で颯爽と初陣!平清経のプロフィール

 

RELATED 関連する記事