歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

もはや伝説!戦国時代、弓を片手に93歳まで戦場を駆け抜けた老将・大島光義

もはや伝説!戦国時代、弓を片手に93歳まで戦場を駆け抜けた老将・大島光義

弓を片手に戦場を駆け抜け、弓技に長けた那須与一のような戦国武将がいました。その者の名前は大島光義(おおしま-みつよし)。

孤児を経験し90歳を越えた時は関ヶ原の戦いにおり、戦果を挙げた武勇はもはや伝説と言っても過言ではないほどです。

今回は生涯現役の権化とも言える光義を紹介したいと思います。

生き残る術は弓の鍛錬のみ

永正5年(1508)に光義は美濃国関大島又は山県郡で生まれますが、永正12年(1515)に父、大島光宗が山県合戦で戦死したことにより、幼いながら孤児となってしまいます。

その後は大島家の縁者、大杉家の者によって育てられます。

全てを失った光義に残されたのは弓のみで来るべき時に備えて、ひたすら弓の鍛錬を続けました。

そして13歳の時に美濃国人との戦闘で敵兵を射殺します。他にも鉄砲より早く矢を射たことや樹木の蔭に隠れた敵兵を樹木ごと射抜いて討ち取ったという光義のとんでもエピソードが存在しています。

国人たちを退けた後は斎藤家の家臣、長井道利に初めて仕えます。道利のもとで関・加治田合戦や織田信長による美濃攻略を経験します。

やがて、斎藤家が美濃攻略によって勢いを落とすと光義は信長にスカウトされました。

2ページ目 60歳で遅咲きの出世

 

RELATED 関連する記事