歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

自らの死を三年間秘密にした武田信玄。実は三年とかからず大名たちに知れ渡っていた

自らの死を三年間秘密にした武田信玄。実は三年とかからず大名たちに知れ渡っていた

1573(天正元)年4月10日、戦国時代の武将・武田信玄(たけだしんげん)は53歳で亡くなりました。信玄が最期を迎えた地は信濃国伊那の駒場。名将・信玄はその死の間際まで両国経営のことを考え、自分が死んだことが広まれば他の戦国大名らが領地に侵攻してくることを心配しました。

そこで自らの死に臨み、子の勝頼に「3年間、喪を秘せ」と遺言したとされています。

勝頼は信玄の遺言に従い、自分が当主としてふるまい、信玄は隠居扱いにしました。小田原城主・北条氏政が「信玄が死亡した」という噂を聞きつけ、勝頼のもとへ使者を送ってきたときでさえ、勝頼は信玄の弟・信廉を影武者に立て、ピンチを乗り切ったと伝えられています。

そして、その三年後、ようやく信玄の死を公表し、菩提寺の恵林寺で葬儀を行います。

2ページ目 実は三年とかからず知れ渡っていた信玄の死

 

RELATED 関連する記事