エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

サザエとマスオの第2子「フグ田ヒトデ」の存在判明!磯野家の20年後の世界を描く実写版サザエさんに登場

サザエとマスオの第2子「フグ田ヒトデ」の存在判明!磯野家の20年後の世界を描く実写版サザエさんに登場

国民的アニメ「サザエさん」の放送開始50周年を記念して放送される、サザエさん一家の20年後を描くフジテレビのスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」の家族写真が公開されました。

事前に出演者情報は明らかになっていましたが、実際にそれぞれの役柄の衣装での写真公開は今回が初。いかがでしょうか?個人的には、なかなかしっくりきている気がします。

で、写真を観ていて気づくことが。「ワカメちゃん2人?でももう高校生じゃないだろうし、右端の女子高生は誰?」

実は写真の右端に写っているのは、サザエとマスオの長女、そしてタラオの妹である“フグ田ヒトデ(17歳)”なのです。フグ田ヒトデは今作で初めて描かれる人物で、1954年に発刊された雑誌『漫画読本』の創刊号に掲載された一コマ漫画<サザエさん一家の未来予想図>に、一度だけ登場したキャラクターなんです。

現在アニメで放送中のサザエさんの時代には、フグ田ヒトデはまだ生まれていませんが、今作の舞台は20年後のサザエさん一家なので、成長したヒトデが登場したというわけです。

なお、フグ田ヒトデ役は、役柄と同じく今年17歳になる女優・桜田ひよりさんが演じます。

そのほか磯野家として出演するのは、マスオ役に西島秀俊さん、カツオ役に濱田岳さん、ワカメ役に松岡茉優さん、タラオ役に成田凌さん、フネ役に市毛良枝さん、波平役に伊武雅刀さん。

アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』は11月24日(日)20時から、フジテレビ系列で放送されます。

 

フジテレビ

 

RELATED 関連する記事