歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

性欲には勝てず…戦国時代、大阪の陣でとんでもないことをやらかした薄田兼相のエピソード

性欲には勝てず…戦国時代、大阪の陣でとんでもないことをやらかした薄田兼相のエピソード

徳川と豊臣の大戦、大阪の陣。戦国時代に終止符を打つ緊張感たっぷりの戦において、とんでもないやらかしをした武将がいました。

その者の名は薄田兼相(すすきだかねすけ)で豊臣陣営の武将でした。

今回は兼相のとんでもエピソードをご紹介します。

豊臣家で実力を発揮した兼相

兼相が歴史の表舞台に登場するのは豊臣秀吉の時代で、その前のことははっきりしておりません。秀吉の元では馬廻衆として活躍します。

馬廻衆は武芸に秀でたエリートが任命されるもので、兼相は豊臣家では重宝されていたことがわかります。

また、兼相は体が大きいことが功を奏し、相撲では負けなしでした。2、3人がかかっても負けることのなかった兼相は、いつの間にか「鬼薄田」と呼ばれることになりました。

2ページ目 豪傑でも性欲には勝てず…

 

RELATED 関連する記事