歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代の遊郭の闇。劣悪環境で男性に性的サービスする最下級の遊女「鉄砲女郎」とは?

江戸時代の遊郭の闇。劣悪環境で男性に性的サービスする最下級の遊女「鉄砲女郎」とは?

江戸時代の遊郭と言えば、華やかな花魁の世界を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は遊女や女郎屋にははっきりと階級が存在し、最下級の遊女は花魁とはまったく違う環境で生活を送っていました・・・。

最下級の女郎「鉄砲女郎」

この間の記事でも紹介しましたが、江戸時代、男を相手に商売をする遊女には、江戸吉原や各地にあった岡場所などの女郎屋に属するプロの遊女と、色茶屋などで男を相手に商売をしたり、夜道で男を誘う夜鷹などのセミプロ?に加え、個人でひっそりと売春をする素人など、さまざまなタイプがいました。

どんだけ恐ろしい?江戸時代、一般素人の主婦や娘たちが売春することを「地獄」と呼んでいた

江戸時代の遊郭と言えば吉原。幕府公認の遊郭で、多くの女郎屋を集める江戸の名物スポットでした。幕府公認の遊郭に対し、非公認の遊郭を「岡場所」と呼び、江戸には数多く存在していました。[insert_p…

吉原や岡場所などに設置された女郎屋で働くプロの遊女と言えど、すべての遊女が花魁のような華やかな環境で仕事をしていたわけではありません。遊女にははっきりとした階級が存在しており、その階級の最下級の女郎は「鉄砲女郎(てっぽうじょろう)」と呼ばれていました。

当時、「花魁」という名称は遊女の中でも最上位階級に属する遊女のみを指す言葉であって(時代によっては「太夫」)、鉄砲女郎は女郎であって、花魁ではありません。

2ページ目 鉄砲女郎の値段は千円〜二千円程度!?

 

RELATED 関連する記事