ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なんと盆栽がカプセルトイに!本物の木と葉を使ったミニマムサイズの盆栽キット「ガチャ盆」

なんと盆栽がカプセルトイに!本物の木と葉を使ったミニマムサイズの盆栽キット「ガチャ盆」

世界的にも人気の高い日本の伝統芸術「盆栽」。国内はもとより、海外にも盆栽愛好家は多く、仏像と組み合わせた盆栽や、水の流れる盆栽など、近年では盆栽の表現方法も多様化してきています。

そんな、盛り上がりを見せている盆栽ですが、なんと今度は盆栽がカプセルトイになっちゃいました!それがこの「ガチャ盆」です。

「ガチャ盆」は、盆栽アート作家の藤田茂男さんが独自に制作する「DRY BONSAI®」をミニマムサイズで手作りできてしまうカプセルトイなんです。

「でも所詮カプセルトイでしょ…」と侮ってはいけません!なんとこの「ガチャ盆」は、本物の盆栽の木、葉を使用して創る手作り盆栽キットなのです。

カプセルには盆栽に使う枝葉のさつき、欅、松、コニファーなどが入っており、カラーはレッド、イエロー、グリーンの3パターン。さらに土台、鉢、乾燥苔、ボンドもセットになっています。完成サイズは約W40、H70mmほどになるそうです。

全5種類

「ガチャ盆」が参考にしている「DRY BONSAI®」とは、生の盆栽とは異なり枝の剪定や、水やり、鉢変えなどのメンテナンスが一切不要な新しいスタイルの盆栽で、本物の盆栽の樹に、ドライにした葉をつけて鑑賞する盆栽。だからカプセルトイ化できるわけですね。

前述したように盆栽は海外でも人気の高い文化なので、海外観光客向けに観光地や空港などに設置したら人気がでそうですね。

本物の盆栽で創る、手作り盆栽キット「ガチャ盆」は2019年11月に全国のカプセル自販機設置店で発売。価格は1回400円(税込)です。

 
 

RELATED 関連する記事