観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

東北地方の”猫神様”が大集結!企画展「猫にお願いー東北地方の猫神・猫絵馬・猫供養ー」開催中

東北地方の”猫神様”が大集結!企画展「猫にお願いー東北地方の猫神・猫絵馬・猫供養ー」開催中

宮城県村田町にある「村田歴史みらい館」で、2019年7月20日より企画展「猫にお願いー東北地方の猫神・猫絵馬・猫供養ー」が始まっています。

村田町役場 ホームページより

この展示では、東北地方各地で古くから伝わる「猫」を信仰したり、「猫」を供養するために奉納された品物が集められています。

今ではかわいいペットとして人々に愛され、かわいがられている猫たちですが、猫は古来より鼠除けのご利益があるとされ、養蚕業者や農家の人々からの厚い信仰を受けてきました。

この展示では、最近Yahooニュースで話題になった宮城県丸森町の猫碑や、Japaaanでも以前紹介した新潟県魚沼市の八海山尊神社の“猫札”、猫が描かれている“猫絵馬”など160点の資料が展示されています。

全国の猫好きさんに密かなブーム!八海山尊神社にある鼠除けのお札が可愛い♡

稲作や養蚕を中心に生業を行っていたかつての日本人にとって鼠は米や蚕を食い荒らす天敵。鼠たちから作物を守ってくれたのが猫。やがて猫は鼠除けにご利益のある存在として信仰の対象になっていきました。かつては日…

今回の企画展を担当した専門員の石黒伸一朗さんによれば、同館で猫関連の企画展を開催したのは、平成24年、平成25年に続いて三度目のこと。普段(石黒さんが)研究している猫に関する信仰について、あまり知られていない民俗資料を通じて知ってもらおうと考えたことが今回の企画展のきっかけだったそうです。

猫の信仰に関連するものは、普段は人目につかないような状態であったり、置いてある場所自体がわかりにくくなっているものも多いのですが、今回は所有者さんの理解もあり、多くの実物を一堂に集めることができたそうです。

村田町歴史みらい館提供

「同じ猫でも鼠除けのための怖そうな猫だったり、かわいらしい表情の猫がいる。(資料館を訪れて)自分の好きな猫を探してほしい」と語る石黒さん。

展示資料にはひとつひとつに丁寧な解説もついており、また期間中は講演会やギャラリートークも行われるため、あまり歴史に詳しくない方でも楽しめる内容となっております。

全国各地の猫好きの皆さん、猫と日本人が歩んだ歴史を探るために是非足を運んでみては?

企画展「猫にお願いー東北地方の猫神・猫絵馬・猫供養ー」

  • 期 間:令和元年7月20日(土)~10月20日(日)
  • アクセス:村田町歴史みらい館(村田町大字村田字迫85)「道の駅 村田」隣
  • 時 間:9:00~17:00(展示室の入室は16:30まで)
  • 休館日:月曜日 祝日の翌日
  • 観覧料:無料

企画関連イベント

講演会「東北地方の猫神社と猫供養」
日時:8月18日(日) 13:30~15:00

ギャラリートーク
日時:第1回9月1日(日)13:30~14:20、第2回10月6日(日)13:30~14:20

仙台発着「猫碑巡りツアー」
日程:9月28日(土)、10月12日(土)

 

参考

 

RELATED 関連する記事