ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

爺ちゃん好きだったな…タレ感など細部にまでこだわった「うな重キャンドル」お盆のお供えにいかが?

爺ちゃん好きだったな…タレ感など細部にまでこだわった「うな重キャンドル」お盆のお供えにいかが?

先日、キャンデイショップのパパブブレが発売するキャンディ「蒲焼き・うなぎロリポップ」を紹介しましたが、

鰻の躍動感(笑)土用の丑の日に向けウナギと蒲焼きのキャンディが発売!

2019年の「土用の丑の日」は1月28日、4月22日、5月4日、7月27日、10月31日の5日ありますが、間もなくやってくる7月27日(土)の土用の丑の日を前に、パパブブレからド迫力のキャンディが発売…

今度はキャンディではなくキャン…ドル。キャンドルです。ローソク・線香を販売するカメヤマの「好物キャンドルシリーズ」に「うな重キャンドル」が登場!

カメヤマはこれまでにもユニークなキャンドルを次々と発売しており、ネットでも度々話題になります。「なんでキャンドルにしたの?」という疑問もなんのその。キャンドルの概念を払いのけるビジュアルは「うな重キャンドル」でも健在です。

パッケージはお漬物、肝吸い、おてもとがデザインされていて、まるで鰻屋さんのメニューみたい。蒲焼のタレ感も再現されクオリティも高いので、うな重が好きだった故人のために、お盆のお供えものとして用意してみるのも良いかもしれませんね。

「うな重キャンドル」は680円(+税)で発売中です。ちなみに今年の土用の丑の日は、7月27日(土)です。

 

うな重キャンドル

 

RELATED 関連する記事