歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代の銭の穴はなんで四角だった?庶民の貨幣事情ってどんな感じだったの?

江戸時代の銭の穴はなんで四角だった?庶民の貨幣事情ってどんな感じだったの?

江戸時代のお金は複雑で、金貨・銀貨・銭貨の3種類がありました。換算率も一定でなく、たえず変動します。例えば、金1両は銀50匁、銭4000枚と換算率が決められているものの、幕府の政策次第で交換率が悪くなることもあったのです。

一文銭や四文銭で支払える金額のものを使っているところでは、高額紙幣を出されてもお釣りを出せません。そこでお金の両替をするため、両替屋に行きます。この両替屋には、為替や担保貸しも行う本両替と主に銭の両替を行う銭両替があり、庶民が利用するのは銭両替の方。銀を両替するときは、天秤を使って銀の目方を量ってくれたそう。

庶民がいつも使う貨幣は?

寛永通寳(二水永背三)

この時期に最も多く発行された貨幣といえば、寛永通宝です。庶民の日常の買い物は、この寛永通宝(一文銭、四文銭)でほぼ事足りました。特に四文銭を使う場面が多いため、物の値段には八文、十六文、三十二文が多かったそう。ちなみに四文銭は、一文銭より少し大きめで重さは1.5倍。波模様がついており、波銭(なみせん)という呼び名もあったとか。例えば、物売りが討っている納豆は四文(80円)、枝豆ひと枝は四~六文(80~120円)、茶屋のお茶は一杯四文(80円)、鮨は八文(160円)~など。

なぜ銭の穴は四角だったの?

一つ注目したいのが、銭の穴の形です。なぜ四角いのでしょう?それには、製造上の理由がありました。溶けた銅を一気に流して造るのですが、冷え固まったものは、まだ周囲が滑らかになっていません。そこで、断面が正方形の串に銭を何百枚か通してから、周囲をやすりで磨いて滑らかにするのです。貨幣の穴が四角いため、固定されてしっかりと磨くことができるんですね。

それにしても、小銭をたくさん持ち歩くとなると、なかなか重そうです。今とは貨幣事情が大きく異なる江戸時代、知れば知るほど興味深くなりますね。

参考文献:実見江戸の暮らし大江戸暮らし大江戸ものしり図鑑財布でひも解く江戸あんない

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる