日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

小っさなおっさんが情事を覗くw 春画もスゴかった錦絵の先駆者・鈴木春信

小っさなおっさんが情事を覗くw 春画もスゴかった錦絵の先駆者・鈴木春信

錦絵(浮世絵)の絵師といえば、やはり鈴木春信です。明和2年~明和7年(1764~70)の6年間は、3日半に1枚描き上げるという、かなりのハイペースだったそう。鈴木春信は錦絵(多色摺り)を大成させた人物ともされています。

浮世絵とは何なのか?錦絵との違いや版画ではない肉筆浮世絵など作品と共に紹介

これまでJapaaanでは江戸時代、明治時代に制作された多くの浮世絵作品を紹介してきましたが、今回は、「そもそも浮世絵って何?」「浮世絵にはどんな種類があるのか?」などあらためて解説します。これまでの…

そして彼が描くのは錦絵だけではありません。春画本は23冊もだしており、かなり仕事をしていたことが窺えます。

鈴木春信の代表作「真似ゑもん」

春信が描いた初期の春本では、「風流艶色真似ゑもん」が有名です。豆粒のように小さくなった真似ゑもんという主人公が、いろんな人の情事をそっと覗くというもの。

鈴木春信「風流艶色真似ゑもん 」まねへもん二

また、この艶色真似ゑもんの続編として予告されたものが、「まめすけ」といわれる春画です。江戸庶民に親しまれた岡場所の、深川の色街をまめすけが探訪するというもので、これも春信らしい春本といえるでしょう。

錦絵ができる以前、黒摺りの春本でも「今様妻鏡(いまようつまかがみ)」や「源氏花月抄(げんじかげつしょう)」などが春信の作品として、知られています。

2ページ目 鈴木春信にはスポンサーまでついていた!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる