エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まるで壮大なコント…バナナマン日村、映画初主演「新選組オブ・ザ・デッド」

まるで壮大なコント…バナナマン日村、映画初主演「新選組オブ・ザ・デッド」

バナナマンの日村勇紀さんが長編映画に初主演する『新選組オブ・ザ・デッド』を知っているだろうか?同作は、幕末の京都に現れたゾンビVS新選組を描いた「ゾンビ時代劇」。「新撰組」と「ゾンビ」のバトルロワイヤルが展開されるようです。

スクリーンショット 2014-11-13 13.43.57

日村さんが演じるのは架空の新選組隊士、屑山下衆太郎(くずやまげすたろう)。ひどい、ひどすぎる名付け。

作品内で、ばったり出くわしたゾンビに噛まれる屑山下衆太郎。新撰組を殺し屋が襲撃したタイミングでゾンビ化し、誰彼なく襲いかかり、ゾンビ感染をまき散らします。

日村さんがゾンビ時代劇でどんな芝居を見せてくれるんでしょうか。でも、どうしてもコントだとしか思えません。髪型も変だし。

11月13日からはマンガ版もスタート。

news_xlarge_1112_hi_002

マンガ版「新選組オブ・ザ・デッド」にて、マンガ家・叶精作が描く屑山下衆太郎。(c)新選組オブ・ザ・デッド製作委員会

映画は日本では2015年春に公開予定。日村さんの死に様?生き様?映画館の大きなスクリーンで見届けたい。

=VAP= 『新選組オブ・ザ・デッド』

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる