エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本の「音」が完全に融合したダンスチューン「Thru Tokyo」がヤバイイ!

日本の「音」が完全に融合したダンスチューン「Thru Tokyo」がヤバイイ!

”日本のごった煮文化感” を見事に音と映像に落とし込んだ作品「Thru Tokyo(スルー東京)」が、いい意味でかなりヤバい仕上がりになっています!

「Thru Tokyo」を制作したのはイスラエルのミュージシャン Kutiman。琴や尺八の音色にHIFANAが参加したリズムトラックが見事にミックスアップされ、かなりカッコいいことになっています。

音ネタのほとんどが様々な分野の日本人アーティストによるもので、明和電気も参加しています。そこに文化が入り交じった東京の映像が入り込むわけで、ネオン街の映像なんてまさにブレードランナーさながら。

日本の伝統的な楽器と新しい音楽が組み合わされた曲はよくありますが、Thru Tokyoはその中でもすばらしい仕上がりなのではないでしょうか。

KutimanのThru Tokyo、以下からどうぞ。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる