ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

和小物のように持ち歩くのも楽しい「振ってつくる緑茶」

和小物のように持ち歩くのも楽しい「振ってつくる緑茶」

今やお茶といえば、どこへ行ってもペットボトルということになってる御時世です。もちろん、そんな時代の趨勢に反し、急須で入れる心を持ち続けるのは、大事なことでしょう。しかし、ここまで浸透が進んでしまった以上、現状は現状として受け入れ、むしろペットボトル茶のクオリティそのものを上げてもらうのもまた大事なことではないでしょうか。

と、無駄に堅苦しいことを言ってますが、要するに話は、もうちょっとペットボトル茶、美味しくならないかということです。そして、もうちょっと色気みたいなのが出せないかということです。で、そんなニーズに応えてくれるお茶が、伊藤園さんからリリースされてます。「お~いお茶 京都宇治抹茶入り 振ってつくる緑茶」が、それ。

0013
こちらのお茶が面白いのは、お茶を自分で振って作るということ。京都宇治抹茶入りの粉末緑茶がキャップ部分に充填されてて、これをボトル内の天然水と振って混ぜ合わせるんだそうです。斬新。出来上がるお茶は、正に混ぜたて、作りたてということになります。濃い味わいのにごり緑茶を、レアな味わいで愉しめるわけです。

当然、振れば振るほど、このお茶は味わい深くなります。なので、女性の手にもフィットするよう、ボトルにはスリムな340mlペットボトルを採用。また、単に大きさ&重さに配慮するだけでなく、表面の緑のラベルに京都ちりめん風の質感を出すような加工&赤い椿の花をあしらったレトロな和柄で、持ち歩くのが楽しくなる和小物のようなデザインも実現されてます。

これからは、和菓子が美味しい季節。忙しい時などで、簡単に、かつしっかりと、和菓子のお供をしてくれそうな「振ってつくる緑茶」。重宝するかも知れません。

お~いお茶 京都宇治抹茶入り 振ってつくる緑茶 – 伊藤園

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる