着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

まさに透かしの美学!男の着物「和次元・滴や」が涼感たっぷりの2019夏コレクション発表!

まさに透かしの美学!男の着物「和次元・滴や」が涼感たっぷりの2019夏コレクション発表!

惚れ惚れしてしまうほどのカッコいい着物を次々と発表している男の着物ブランド「和次元・滴や」が、2019 SUMMER COLLECTION を発表しました。Japaaan読者の方の中には「待ってました!」という人も多いのでは?

今回の滴やのSUMMER COLLECTIONでは「透かしの美学」にこだわって製作したそうです。

風に揺れる風鈴や、木漏れ日のように陽射しを和らげる簾…自然が醸し出す涼感を意識的に取り入れた夏の風物詩が、日本には古くから存在しています。このような視覚からも涼を得るための工夫に加え、洒落や遊び心の要素を盛り込み仕上げたコレクションとなっているとのこと。

今回のコレクションはコーディネート、和慈羽袖(わじはそで)、風土ローブ(ふうどローブ)など10点がラインナップ。その中からJapaaan注目アイテムをいくつかピックアップして紹介します!

幾何柄ベールのローブ

幾何柄ベールのローブ

レトロモダンな幾何柄のベールに、苧麻混紡のシアー素材の裏地を合わせた風土ローブ。表は、切嵌めのようにグレーやピンクを配した幾何柄の亀甲紗で、ベールの柔らかさと透け感を持つ。亀甲紗なので、裏に生地が重なることで柄が見えてきます。

エンジ色の裏地は、苧麻と木綿を混紡したシースルーの素材で、シャリっとした手触りとシルエットにハリを保たせています。

水泡ベールの羽袖

シャボン玉のような泡の模様のベールと、苧麻混紡のシアー素材の裏地を重ねた和慈羽袖。ブルーの水泡模様をグレー地に配した亀甲紗の表は、柔らかながらも若干の光沢とハリがある。 重なることで 表の模様を見せてくれる裏地も、相性の良いブルーで、苧麻と木綿を混紡したシースルーの素材だ。 たっぷりの透け感と、シャリっとした手触りが特徴。

モアレのマント

表の黒と、裏の白のメッシュが、互いに透けて干渉し、波のような斑紋を見せるマント。古式ゆかしい「透かしの美学」を 現在進行形へと引き戻すため、滴やが用意したスパイスは、モアレ。 そのモアレを全面に起こさせるべく、総裏仕立てのマントに。柔らかいメッシュ素材も、2枚重ねになることで生地にハリが生まれ、肩から裾に流れるシルエットも美しく仕上がっています。

2ページ目 近未来的なイメージを膨らませてくれる陣パーカなど

 

RELATED 関連する記事