雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

本物の金魚みたいにゆらゆら泳ぐ不思議な「ひかりとみずのカラクリ金魚」に黒出目金バージョン登場!

本物の金魚みたいにゆらゆら泳ぐ不思議な「ひかりとみずのカラクリ金魚」に黒出目金バージョン登場!

2018年7月にタカラトミーアーツから発売された「ひかりとみずのカラクリ金魚」

これめちゃ飼いたい!太陽の光で命が吹き込まれる「ひかりとみずのカラクリ金魚 」がステキすぎる!

タカラトミーアーツから何やらすごくおもしろそうな”金魚”が発売されます!それは、6月9日、10日に開催されていた「東京おもちゃショー」の展示で、タカラトミーアーツが発表していた「ひかりとみずの…

電池不要で水槽の中をカラクリ金魚が泳ぐ姿に大きな反響があり、SNSなどでも話題になりましたが、カラクリ金魚に新たに「黒出目金」バージョンが登場していました!

昨年の発売当時は琉金と出目金(赤)の2種類だけだったのですが、今年に入って黒出目金が登場。お祭りの金魚すくいで黒出目金ねらいで何回失敗したことか…。

そんな悔しい思いともおさらば。「ひかりとみずのカラクリ金魚 黒出目金」があればいつでも黒出目金がゆらりゆらりと泳ぐ姿を楽しんでいられます。

「ひかりとみずのカラクリ金魚」の仕掛けは、金魚自体に磁石が入っていて、台座で磁石を動かすことで金魚も動くようになっているんです。台座は太陽電池だから、コンセントも別途電池も不要なのです。

なお、カラクリ金魚の開発には金魚絵師の深堀隆介さんが監修として参加しています。

台座の上に置く水槽(器)は好きなものが使えるから、趣のある陶磁器の器やガラスの器を使ってもステキですね。

琉金

出目金

「ひかりとみずのカラクリ金魚 黒出目金」バージョンは、琉金バージョン、出目金バージョンとともに4,980円(税抜)で発売中です。

 

ひかりとみずのカラクリ金魚

 

RELATED 関連する記事