観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

時代の夜明けぜよ!JR四国が運行開始する観光列車「志国土佐」の車内デザイン発表!

時代の夜明けぜよ!JR四国が運行開始する観光列車「志国土佐」の車内デザイン発表!

JR四国が2020年春に運行開始予定の列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」の車内デザインが公開されました。そのインテリアデザインが驚くほどの美しさなのです。

1号車の「KUROFUNE」は、果て無き青空のもと、仲間達と新たな時代への「志」を語りながら大海をゆく蒸気船をモチーフに、文明開化期から萌芽する 19世紀末芸術を想起させるデザイン。「おきゃく」(土佐弁で「宴会」をしめす言葉)をイメージして対面の座席レイアウトにしているそうです。

2号車「SORAFUNE」は、大空のその先、大気圏を突き抜けた宇宙空間までにも繋がる未来への「夢」をコンセプトに、レトロSF小説で描かれる空想科学上の宇宙船をイメージ。全体を窓向きの座席レイアウトにし、角度の異なる座席がよういされているんです。

便名は、【下り 高知駅発 窪川駅行】が「立志(りっし)の抄(しょう)」となり、坂本龍馬が脱藩したと言われる道と並行する区間があることから、龍馬が志をもって旅立つ様子をイメージしています。

【上り 窪川駅発 高知駅行】が「開花(かいか)の抄(しょう)」で、時代の夜明け「文明開化」と、下り便の「立志」に対して偉業を成し遂げ凱旋する様子、夢を成し遂げた誉れを表現しています。

車内デザインの公開とともに、列車プロモーション映像の第一弾も公開されていますので、気になる方はそちらも合わせて是非チェックしてみてください!

 

高知を走る観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」

 

RELATED 関連する記事