ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

次代のパイオニアになれる可能性?東京五輪の暑さ対策に発表された”かぶる日傘”が「完全に笠じゃん!」と話題に

次代のパイオニアになれる可能性?東京五輪の暑さ対策に発表された”かぶる日傘”が「完全に笠じゃん!」と話題に

令和元2019年5月24日の記者会見で、小池百合子東京都知事が来たる令和二2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けた暑さ対策として「かぶる日傘」を考案・試作しているとの発表に対して、世間では賛否両論のようです。

都知事は記者会見で「男性でも日傘を使うのが気が引ける方は、思い切ってこれを使ってみてはどうか」とPRしていましたが、構造がまるっきり近世以前の「笠」そのもので、現代的な服装とのミスマッチや、そもそものデザイン性から不評の声が少なからず聴かれます。

……正直これは「男女とか性別に関係なく気が引けそう」ですが、そういう事は気にしない方が良さそうです。

イメージ

しかしその一方で、笠をベルトで頭部に固定しているため、両手が自由に使えるメリットもあり、頭部の周囲に間隔を保つ感覚にさえ慣れてしまえば意外と便利なのでは、という意見もあるようです。

2ページ目 次代のパイオニアになれる可能性?

 

RELATED 関連する記事