ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

天皇陛下の「大御宝」と「大御心」…短い御言葉に込められた皇室の国民の絆

天皇陛下の「大御宝」と「大御心」…短い御言葉に込められた皇室の国民の絆

平成31年4月30日、天皇陛下のご譲位(退位)に際して執り行われた退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)において、国民代表である安倍首相の謝辞に対し、陛下は以下のとおり答えられました。

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここにわが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

退位礼正殿の儀の天皇陛下のおことば(平成31年4月30日)

約1分半の短い玉音(ぎょくおん。お言葉)ですが、この中には「平成」という約30年4ヶ月が集約されると共に、新たな令和の御代への希望が言祝(ことほ)がれています。

2ページ目 皇室は常に国民と共に……「大御宝」と「大御心」

 

RELATED 関連する記事