日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸〜明治期に巻き起こった猫ブームをアートを通して紹介する展覧会「いつだって猫展」開催

江戸〜明治期に巻き起こった猫ブームをアートを通して紹介する展覧会「いつだって猫展」開催

日本では江戸時代からずっと猫が大人気。江戸後期から明治時代には猫ブームも巻き起こり、浮世絵の題材としても猫は人気がありましたが、そのブームの中で描かれた浮世絵などが紹介される展覧会「いつだって猫展」が開催されます。

いつだって猫展

「いつだって猫展」はこれまでに名古屋や京都、静岡などで巡回されていた人気の展覧会ですが、今回東日本で初の開催となります。

日本人の暮らしに寄り添い愛されてきた猫は、古くから物語や絵画に登場する身近な存在でした。江戸時代に猫ブームが到来すると、猫は浮世絵、歌舞伎、版本などに多く取り上げられました。

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

暮らしの中に溶け込んだ猫の姿を描くものもあれば、化け猫、猫又として描かれたり、招き猫を始めとした縁起物として描かれるなど、とにかくあらゆる場面で猫は大活躍。

歌川広重「名所江戸百景 浅草田甫酉の町詣」個人蔵

本展では、猫を題材とした浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交え、江戸後期から明治にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を紹介するそうです。

歌川国芳「日本駄右エ門猫之古事」個人蔵

猫をテーマにした展覧会といえば、ホテル雅叙園東京では「猫都のアイドル展at百段階段」も開催予定になっており、江戸時代からつづく猫人気はまだまだ衰え知らずのようですね。

今昔の猫アート大集合!3000点以上の猫アート作品が集結する「猫都のアイドル展 at 百段階段」開催

今年もホテル雅叙園東京に猫展やってきます!昨年3月にホテル雅叙園東京で開催された、国宝級の猫の国のお宝アートが集った「猫都の国宝展」に続き、今年は「猫都のアイドル展 at 百段階段」が開催され…

「いつだって猫展」は2019年4月19日(金)~6月9日(日)の期間、仙台市博物館で開催されます。

いつだって猫展

  • 会期  :2019年4月19日(金)~6月9日(日)
  • 休館日 :毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
  • 開館時間:9:00~16:45(入館は16:15まで)
  • 会場  :仙台市博物館 〒980-0862 仙台市青葉区川内26番地<仙台城三の丸跡>
  • 観覧料 :一般・大学生1,300円(前売1,100円)、高校生700円、小・中学生500円 [前売り券販売期間 2019年3月1日(金)~4月18日(木)]
 

いつだって猫展

 

RELATED 関連する記事