歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

怖い、怖いって!江戸時代のおもしろ看板、この髪の毛垂れてる看板は何?

怖い、怖いって!江戸時代のおもしろ看板、この髪の毛垂れてる看板は何?

ありとあらゆる商売が存在した江戸時代。その商家の店先を彩ったのが看板です。洒落が大好きな江戸っ子は、店の顔となる看板にも洒落をきかせて楽しんでいました。今回は面白いデザインの看板をピックアップしてご紹介します。

看板の歴史

現代に至るまで、当然のように店先に掲げられている看板ですが、もとをたどると中国から渡来した文化のようです。日本で特に看板文化が花開くのは江戸時代以降。商業が発展したため店ごとにユニークな看板を作って商品をアピールする必要が出てきたのです。

江戸の初期には看板アピール戦争は激化し、大金をかけた超ビッグサイズの看板や、金箔銀箔を使用した超豪華な看板が出現。天和2年には過度の贅をつくした看板を禁止する御触れが出されたほどでした。

それ以降は贅を尽くす方向ではなく、江戸らしく洒落などを効かせた「おもしろ系看板」が街を彩るようになりました。

2ページ目 江戸っ子が楽しんだおもしろ系看板

 

RELATED 関連する記事