ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 初夢で七福神を見る方法?信心深い江戸っ子たちは元日から大晦日まで神頼みの日々

初夢で七福神を見る方法?信心深い江戸っ子たちは元日から大晦日まで神頼みの日々

富士に行けない人のために「小富士」が築かれた

また、交通網が整い旅行しやすくなると、富士講・伊勢詣など、信仰のための旅行も盛んになりました。しかし、中には、老人・女・子供など富士に行きたくてもいけない人も…。

そんな人たちの役に立ったのが、富士を模した築山です。江戸近郊の農村・目黒には、本富士・新富士と二つの小富士が築かれました。ちなみに新富士の高さは四丈(約十二メートル)でしたが、眺めは絶妙だったそう。

神や死者の霊を呼び寄せる占い「梓巫子(あずさみこ)」

占いも、当時大人気でした。占いの本も豊富に揃っていて、手相や人相、夢占い、生年月日占いなど、実に様々。町にも大体占い師がいたそう。占い師は、先の見えない不安を抱えた江戸っ子にとって、進むべき道を示してくれる大切な存在だったのです。

珍しい占いでは、「梓巫子(あずさみこ)」というものがありました。これは、梓の木でつくった弓の弦を叩いて、神や死者の霊を呼び寄せる占いです。そして、言葉を代弁して吉凶を占うとのこと。ほかにも人相見、陰陽師など。科学や医学が発達していなかった江戸時代、医者にかかることもできない庶民にとっては、神頼みしかなかったのかもしれませんね。

参考文献:女子のためのお江戸案内大江戸ものしり図鑑図解落語入門

 

RELATED 関連する記事