エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

監督 蜷川実花×主演 小栗旬で小説家・太宰治の人生を描く映画「人間失格」が2019年公開!

監督 蜷川実花×主演 小栗旬で小説家・太宰治の人生を描く映画「人間失格」が2019年公開!

写真家の蜷川実花さんが監督で、小説家 太宰治の人気作品をタイトルにした映画「人間失格」が公開されることが発表されました。

太宰治を演じるのは俳優の小栗旬さんです。

「人間失格」は太宰治の遺作ともされる中編小説で、これまでに映画や漫画にもなっています。

蜷川実花さんが監督を務める本作では、人間失格の内容を映画化するかたちではなく、太宰治が「人間失格」を誕生させるまでの秘話や、太宰治と彼を愛した3人の女性たちの目線から、事実をもとにしたフィクションになるとのこと。

蜷川実花さん、小栗旬さんからのコメントがこちら。

監督・蜷川実花

太宰治本人の物語を作りたい。そう思いついた時からこの役を出来るのは絶対に小栗旬しかいないと思っていました。スターである彼にしか見ることの出来ない景色、トップを走り続けているからこそ抱える孤独、誰もまだ見たことのない小栗旬。連日の撮影で鳥肌が立つことが何度もありました。魂を賭けた芝居に毎日震えています。これをやるための今までの人生だね、と2人で話しています。ご期待下さい。

主演・小栗旬

お話を頂いたのはずいぶん前のことだったと認識しております。
悩みました。
この文豪を自分を通して産み出すことが出来るのだろうか。
自分がこの人生を生きることは出来るのだろうか。
しかし、監督から僕でなければ、というお言葉を頂き、脚本に魅了され、決断いたしました。
今はただただ、最高の孤独とは一体どこに存在しているのか。手に入るものなのか。そんなことを日々感じながら、一歩一歩、太宰に寄り添いながら過ごしております。
私という人間から見えてくる太宰治という凄絶な人生を駆け抜けた一人の文豪の足跡が皆様の心に刻まれることを祈り、作り上げていければと思っております。
お楽しみに。

映画「人間失格」は2019年に公開予定となっています。太宰治ファンや日本文学に興味のある人にとっては2019年注目作品の一つになりそうですね。

 

映画『人間失格』

 

RELATED 関連する記事