歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

大相撲 第54代横綱の輪島さんが死去。史上初で唯一の本名横綱

大相撲 第54代横綱の輪島さんが死去。史上初で唯一の本名横綱

大相撲の第54代横綱・輪島の輪島大士さんが10月8日夜、咽頭がんなどで亡くなったことがわかりました。70歳でした。

輪島さんは石川県出身で、日本大学相撲部時代に学生横綱に2年連続でなる快挙を成し遂げ、昭和45年の初場所で、幕下付出初土俵を踏みました。

そして初土俵からわずか3年半で第54代横綱に昇進。史上初めて本名横綱となり、1981年の引退まで”輪島”の名で活躍しました。引退後はプロレスやタレントとして活動していました。

本名と同じ四股名のまま横綱まで上り詰めたのは、現在もなお「輪島」が唯一の力士となっています。

”本名のまま”土俵に上がり続ける力士!そこにはあの偉大な本名横綱の影響が

遠藤が三役濃厚!四股名は変わる?2018年大相撲春場所が終わり、前頭筆頭の遠藤が勝ち越しを決め、来場所での三役への昇進が濃厚となりました。入門~幕下辺りまでは本名で土俵に上がり、新入幕など…

ご冥福をお祈りします。

参考:NHKニュース

 

RELATED 関連する記事