日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

若冲、国芳、芦雪、白隠…なにこのメンツ!江戸絵画のアヴァンギャルドな絵師8人が集結「奇想の系譜展」

若冲、国芳、芦雪、白隠…なにこのメンツ!江戸絵画のアヴァンギャルドな絵師8人が集結「奇想の系譜展」

2019年、メンツからして何やらすごそうな展覧会が開催されます!江戸時代に活躍した絵師らの代表作を紹介する特別展「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」

特別展「奇想の系譜展」は、美術史家の辻惟雄さんが1970 年に記した「奇想の系譜」で取り上げた絵師を中心に8名の画家の代表作を紹介する展覧会で、絵師のラインナップがこちら。

岩佐又兵衛、 狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳、白隠慧鶴、鈴木其一。

江戸時代のアヴァンギャルドな絵師が大集結!

(あれ、葛飾北斎いないよ…って思っちゃった人は、2019年1月に開催される「新・北斎展」で補完しておきましょう!)

これはスゴそうだ!葛飾北斎の初期〜晩年までの壮大な画業を通覧する「新・北斎展」開催!

世界中の北斎ファン必見の北斎展になるであろう展覧会が開催されます!2019年1月17日(木)から六本木ヒルズ「森アーツセンターギャラリー」で、江戸時代の人気浮世絵師・葛飾北斎(かつしかほくさい…

浮世絵を生んだ絵師とも言われる岩佐又兵衛や、狂気的な技巧で唯一無二の作品を多く生んだ伊藤若冲、常識にとらわれないさまざまな浮世絵作品を残した歌川国芳を始めとする、昨今の日本画ブームを牽引してきた絵師たちが勢揃いなのです!

伊藤若冲「象と鯨図屏風」 MIHO MUSEUM

「奇想の系譜展」という展覧会名のとおり、彼らは豊かな想像力と奇想天外な発想をもって、魅力的な作品を残してきました。現代の私たちから見てもその魅力が衰えることはありません。

曾我蕭白「群仙図屏風」文化庁

日本画ファンにとってはまさに”行っとかなきゃいけないやつ”。8名の絵師たちの画風はそれぞれ違うので、日本美術にあまり詳しくない人は、自分の好みな画風を発見できる場にもなりそうです。

特別展「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」は2019年2月9日(土)~4月7日(日)の期間、東京都美術館で開催されます。少し先の展覧会になるため展示品リストなど詳細情報はまだ未定ですが、詳細が公開され次第あらためて紹介したいと思います。

 

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド

 

RELATED 関連する記事