ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

菊炭ひとつだけで火を愛でるすっきりコンパクトな火鉢「hahasoの火鉢」がステキ!

菊炭ひとつだけで火を愛でるすっきりコンパクトな火鉢「hahasoの火鉢」がステキ!

寒い季節にお家で火鉢をつつきながら、まったり団らん…憧れますね。でも近年の住居事情を考えるとそんなに大きな火鉢を家の中に置くなんてことも現実的ではない気が…。

そんなとき、能登発のコンパクトな「hahasoの火鉢」はいかがでしょうか?

「hahasoの火鉢」は、能登の珪藻土コンロメーカーによる珪藻土でできた火鉢で、燃料はクヌギの木からできた菊炭一本。

珪藻土の保熱効果と独自の設計で、菊炭一本だけでもやすことができるため、通常の火鉢に比べて一酸化炭素の発生を抑えることができるのも、近年の居住環境にマッチしてますね。

可能な限り無駄を省いたデザインでとてもシンプルなので、”火鉢は和室”といった先入観を忘れて、洋室でもどんどん使っていきたい逸品です。

コンパクトでも燃料は炭なので、炭がはじける心地よい音を聞いて癒やしの時間を愉しむことだってできちゃいます。手をかざして暖をとるもよし、酒の肴に炭火料理や干物を炙っても良いでしょう。

これからの季節に大活躍してくれそうな火鉢ですね。

「hahasoの火鉢」は¥23,000で販売中。付属品には三徳、フェルト、hahasoの炭3個が付属します。

 

hahasoの火鉢

 

RELATED 関連する記事