観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

魚を肴に日本酒を!なんと日本酒を愉しみながら水族館を見学できる「日本酒ナイト水族館 秋の雅」開催

魚を肴に日本酒を!なんと日本酒を愉しみながら水族館を見学できる「日本酒ナイト水族館 秋の雅」開催

水族館で「魚を肴に 日本酒ナイト水族館 秋の雅」という、とてもユニークな被災地復興支援イベントが開催されます。

10月12日(金)に仙台うみの杜水族館で開催されるこのイベントは、なんと日本酒を呑みながら水族館を楽しめるイベント。水族館の魚を肴にw 特別なお酒が振る舞われるのです。今回でこのイベントは3回目を迎えます。

当日振る舞われるお酒は、宮城県から蒼天伝、水鳥記、墨廼江、浦霞、阿部勘。ゲスト蔵元として一ノ蔵、田林、花ノ文の蔵元が参加します。さらに今回は7月の豪雨で被害を受けた岡山県の蔵元も、復興支援の意味を込めて2蔵(三冠酒造、十八盛酒造)が参加します。

当日は蔵元自らお酒を振る舞ってくれるそうなので、普段はあまりできない蔵元の人との日本酒トークを肴にシてみるのもよいでしょう。別料金にはなりますが、升盛お刺身も販売されるそうで、なかなか本格的な日本酒イベントとなっています。

ナイト水族館だけでも貴重な機会なのに、そこに日本酒を絡ませてくるというのは、さすが米どころ、酒どころの宮城県ならではの発想かと思います。

「魚を肴に 日本酒ナイト水族館 秋の雅」は2018年10月12日(金)に「仙台うみの杜水族館」で開催されます。

 

魚を肴に日本酒ナイト水族館 秋の雅 – 仙台うみの杜水族館

 

RELATED 関連する記事