歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

武士の肝試し:幽霊なんか怖くない?頼光四天王「平季武」の肝試しエピソード(下)

武士の肝試し:幽霊なんか怖くない?頼光四天王「平季武」の肝試しエピソード(下)

前回のあらすじ・平季武、産女の幽霊に遭遇!

「とある川の渡しに、夜な夜な産女の幽霊が出るらしい」

そんな「幽霊スポット」の噂を聞いて「俺が今から行って来てやる」と名乗り出た豪傑・平季武は夜更けに現地へ。「季武が腰を抜かすところを見届けてやろうぜ」と後からついて行った若武者たちは、とんでもない光景を目にすることに。

それは、季武の前に出現した産女の幽霊でした。

武士の肝試し:幽霊なんか怖くない?頼光四天王「平季武」の肝試しエピソード(上)

プロローグ・武士たちの肝試し夏の夜と言えば、怪談や肝試し。背筋がゾッと冷えて、暑気払いにもってこいの娯楽ですが、昔の人たちも怪談や肝試しに興じていました。今回は『今昔物語集』より、武士たち…

幽霊から赤子を奪取!季武の豪胆

葛飾北斎『和漢絵本魁』より、「卜部季武 姑獲鳥(産女)を懲す」天保七1836年。

「この子を抱きなさい……抱きなさい……」

原文「此レ抱ゝケ(これいだけ、これいだけ)」

泣きわめく赤子を差し出して呼びかける産女の幽霊。

常人なら魂消(たまげ)てしまうであろう事態を前にしても、毫も怯まぬ辺りはさすがの豪傑。

「さぁ抱いてやろうじゃねぇか、てめぇこの野郎!」

原文「イデ抱(いだ)カム、己(おのれ)」

そう季武が答えると、産女はすぐに

「この子だよ……ほうれ」

原文「此レハ、クハ」

と赤子を差し出すので、季武は赤子を奪い取るなり先を急ぎました。

これに慌てたのは産女の方で、まさか赤子を奪い去るとは思っていなかったようで、

「あぁ、その子を返して下さいな」

原文「イデ、其ノ子返シ令得(えしめ)ヨ」

と追いすがります。

奪われて悲しむくらいなら、そもそも差し出すなよ、とも思いますが、とにもかくにも季武はためらいもなく

「今は返せねぇよ。てめぇこの野郎!」

原文「今ハ不返(かえす)マジ、己」

と、そのまま川を渡り切り、泣き叫ぶ産女の声を聞き流し、赤子を抱いて帰って行きました。

2ページ目 消えた赤子と、若武者たちの証言

 

RELATED 関連する記事