グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

究極に美味しい納豆への情熱が注がれた納豆かき混ぜマシン「究極のNTO」登場!

究極に美味しい納豆への情熱が注がれた納豆かき混ぜマシン「究極のNTO」登場!

2014年にタカラトミーから発売された、食通として知られた芸術家・北大路魯山人の究極の納豆を再現する納豆鉢マシン「魯山人納豆鉢」。

北大路魯山人の「究極の納豆」を再現する納豆鉢マシンが登場!

北大路魯山人。言わずもがな日本を代表する芸術家ですが、その北大路魯山人が愛したと言われる「究極の納豆」を家庭で簡単に拵えることができる納豆鉢マシンがなんとタカラトミーから発売です。北大路魯山人…

「魯山人納豆鉢」は魯山人が残した納豆のおいしい食べ方を再現する納豆鉢マシンで、クッキングトイの大ヒット商品となりました。

そしてこの程、「魯山人納豆鉢」が「究極のNTO」と名を変えリニューアルして帰ってきます!

リニューアルした「究極のNTO」は黒を基調とした漆器をイメージしたスタイリッシュなビジュアルへと変化を遂げました。日本人はもちろん、外国人旅行客のインバウンド需要や海外での販売も見据えて発売されるそうです。

基本的な仕様は以前の「魯山人納豆鉢」を継承。“納豆はかき混ぜるほどに旨くなる”という魯山人の教えを元に、納豆が最も美味しくなるかき混ぜ数を検証し、424回かき混ぜる究極の納豆を短時間で作ることができるマシンです。

倍速回転のギアにより、わずか約1分30秒で424回かき混ぜられた納豆が完成。本体に付いている案内窓に、進行状況や醤油の投入タイミングが表示され、同時に蓋も開くのです。究極の納豆を食べることへの情熱が注がれた、究極の納豆マシンなのです。

さらに「無限モード」として、納豆を無限にかき混ぜることができる機能も付いています。この機能によって自分にあったベストな納豆を探ることも可能に。

究極の…と聞いてピンときた方もいるかと思いますが、「究極のNTO」は、2017年10月に発売された「究極のTKG(たまごかけごはん)」の兄弟とも言えるもので、今後は「究極シリーズ」と称して、身近な食べものをよりおいしくするアイテムを発売していく予定なんだそうです。

新・感・覚!まるで雲のようなふわふわ食感が卵かけご飯で楽しめるクッキングトイ「究極のTKG」

タカラトミーといえば、そうめんスライダーや寿司大観覧車、あずきバー専用かき氷機など、次々とおもしろクッキングトイをリリースし話題となりますが、今回、タカラトミーが発表したマシーンも話題を呼びそうな予感…

普段何気なく食べている納豆を更に美味しくし、さらに混ぜる楽しみもプラスしてくれる「究極のNTO」。納豆好きは気にならずにはいられない必携アイテムではないでしょうか。

「究極のNTO」は11月22日(木)に2,800円(+税)で発売予定となっています。

 

究極のNTO(なっとう)

 

RELATED 関連する記事