和菓子 - グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

和菓子のHIGASHIYAから大人な雰囲気たっぷりな「生姜羊羹」と重陽の節句にちなんだ干菓子「菊月」登場

和菓子のHIGASHIYAから大人な雰囲気たっぷりな「生姜羊羹」と重陽の節句にちなんだ干菓子「菊月」登場

人気の和菓子屋さん「HIGASHIYA」から、季節限定商品が登場しました。

本日8月17日(金)から各店、およびオンラインショップで販売スタートしたのが、季節限定「生姜羊羹」

旬の新生姜を大きめに刻んで蜜漬けにし、白餡とともに丁寧に炊いたさわやかな風味の羊羹となっています。生姜の食感と白餡のほどよい甘みが楽しめるそうですよ。冷やして食べるのがおすすめ。

さらに同じく本日から、期間限定の新商品「菊月(きくつき)」の予約販売がオンラインショップでスタートしています。

「菊月」は、「重陽の節句」に“菊酒”を飲むという風習にあやかって発売される干菓子。重陽の節句とは9月9日に行われる行事で、五節句のひとつ。

9月9日は月見の節句?いや違うんです。菊花酒で長生きを祈る大人の節句、9月9日「重陽の節句」

3月3日は、『桃の節句』。5月5日は、『端午の節句』。7月7日はもちろん、『七夕』。こんな感じで、奇数月のゾロ目日は、様々な節句が設定されてます。では、9月9日は何の節句の日か、御存知でしょうか。…

盃に浮かぶ菊の姿を模して、焼酎で風味づけした錦玉に干し菊を散らして仕上げられています。シャリッとした軽い食感とほどよく香る焼酎の風味が楽しめます。

どちらもとっても大人な味わいが楽しめる商品になっています。見た目も落ち着いた雰囲気で、秋が訪れるこれからの季節にぴったりですね。「菊月」はオンラインショップ限定商品とのこと。

 

HIGASHIYA

 

RELATED 関連する記事