ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

純金に鳳凰!天皇陛下御在位30年記念貨幣デザインを財務省が発表

純金に鳳凰!天皇陛下御在位30年記念貨幣デザインを財務省が発表

2018年は明治150年。これを記念して財務省が明治150年記念貨幣の発行を発表し、8月3日から造幣局のオンラインショップで購入申込みがスタートしましたが、

五万枚限定!明治150年を記念して1千円の純銀製「明治150年記念貨幣」が発行されます

今年は明治150年の年。各所でさまざまな記念イベントや、明治時代に関連した企画展が開催されていて、政府も地方公共団体や民間企業と共にさまざまな取組をしています。取り組みのひとつとして財務省は25日、明…

財務省から新たに、天皇陛下御在位30年記念貨幣の発行が発表されました。発表とともに公開された記念貨幣のデザインがこちら。

記念貨幣は2種類。

まず額面が一万円の記念貨幣の素材は純金です!直径28mmで発行枚数は5万枚。表面には大きく鳳凰が描かれ、桐と白樺があしらわれています。裏面には菊花紋章。造幣局オンラインストアでの販売。販売価格は138,000円。

一万円金貨幣 左:表面 右:裏面

そして額面が五百円の記念貨幣は、異なる種類の金属を使ったバイカラー・クラッド貨幣となっています。直径26.5mmで、使用素材はニッケル黄銅、白銅及び銅。表面は儀装馬車をメインに、桐と白樺があしらわれ 、裏面は菊花紋章 。500万枚の発行で、金融機関の窓口で500円と引き換えになります。

500円金貨幣 左:表面 右:裏面

一万円金貨幣は11月1日から申込受付がスタートし、五百円記念貨幣は平成31年2月頃からの引き換えを予定しています。なお、一万円金貨幣は五百円記念貨幣とのセット販売も行われます。

詳しくは財務省の公式発表をご覧ください。

 

天皇陛下御在位30年記念貨幣を発行します : 財務省

 

RELATED 関連する記事