グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

お馴染みの七味缶だけと思ってた八幡屋礒五郎。実はめちゃくちゃ種類豊富だった

お馴染みの七味缶だけと思ってた八幡屋礒五郎。実はめちゃくちゃ種類豊富だった

昨日紹介した、八幡屋礒五郎の七味缶がモチーフの「椅子缶」ですが、予想以上に人気がありとっても驚いています。こういうの本気で作っちゃうセンスって素敵ですよね。

あの七味缶のお馴染みデザインをまんま椅子にした「椅子缶」のインパクト凄い(笑)

「八幡屋礒五郎」という名前を知っていますか?これ、人名のようで実は会社名なんです。名前は知らずとも、こちらの商品パッケージは一度は目にしたことがあるでしょう。そう、七味唐辛子の缶。この…

そしてこの椅子缶を調べていて気づいたんですが、七味メーカーの八幡屋礒五郎は、七味缶と同様のデザインで色んな種類の商品を販売しているんです。知っていましたか?

そのラインナップがこちら。

こんなにあったんだ!

メイン商品の「七味唐からし」は皆さんご存知かと思います。私は「一味唐からし」も使った記憶があるのですが、その他のスパイスは全く知りませんでした。

例えば山椒七味。

デザインは似ていますが、絵柄が山椒の実になっているんですね。そして「BIRD EYE」というハイカラなネーミングのこちらは小鳥の眼のような小粒の唐辛子で、一味の3倍以上もの辛さなんだとか。

インドのミックススパイス「ガラム・マサラ」を使った商品まであります。香りを大切にしつつ、七味の焙煎技術が生かされているんだとか。

八幡屋礒五郎は2006年から毎年、その年にふさわしいテーマを七味缶の絵柄に採用したイヤーモデル缶というのも販売していて、今年は2018年のイヤーモデル缶は「新型特急車両 E353系」が描かれています。

七味だけでも「ゆず七味」や「深煎七味」、「七味ごま」などいろいろラインナップされているので、ノーマルな「七味唐からし」に変化を食えたいときに試してみたいですね。詰め合わせもあるようなので、辛党の人は使い比べしてみても面白いかもしれませんよ。

根元 八幡屋礒五郎

 

RELATED 関連する記事