歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

あたまの体操チャレンジ!江戸時代の算数の教科書「塵劫記」の問題を解いてみよう

あたまの体操チャレンジ!江戸時代の算数の教科書「塵劫記」の問題を解いてみよう

 

さて、いかがでしょうか。答えは「銀338匁5分」です。

銀両替の事

またまた両替問題ですが、今度は銀同士の両替。

原文がこちら。

「丁銀五百六十九匁有時に、よきはいふきに内二割引にしてかへる時に、右の丁銀に灰吹なにほどぞと問」。

新塵劫記 銀両替の挿絵

さあ、私たちにしてみればなんのこっちゃという話です。

江戸時代には銀通貨にも色々あったようで、「丁銀」とは銀の成分が80%の通貨、「はいふき」=「灰吹銀」の事で、こちらは100%純銀の通貨です。銀を含む割合が違うので、丁銀と灰吹銀は同額では両替できず、丁銀→灰吹銀に替える時は2割引きで両替しました。つまりこの問題の意味は、

「丁銀が569匁ある時、2割引きして灰吹銀に両替すると灰吹銀いくらになるか」

という問題です。

そう考えると難しくないですね。

3ページ目 答えあわせ

 

RELATED 関連する記事