グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

特製たまごタレが決め手!本物にかなり寄せてきた、どん兵衛初の湯切り「どん兵衛 釜たま風うどん」

特製たまごタレが決め手!本物にかなり寄せてきた、どん兵衛初の湯切り「どん兵衛 釜たま風うどん」

5月28日に「どん兵衛初の湯切りタイプ!」という鳴り物入りで発売となった、「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」

どん兵衛 初の湯切りキタ!特製たまごタレで釜たま再現「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」誕生

あのラッセンとのコラボや、プレミアムな手打ちうどんバージョンを発売するなど、破天荒な企画を打ち出してきた日清のどん兵衛から、新たな味わい「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」が新発売されます。[c…

早速食べてみたので実食レポート!

その名のごとく、うどんの中でも人気のあるメニュー「釜玉うどん」を再現したどん兵衛です。

別添されているのは「特製だし醤油」「きざみのり」そして「たまごタレ」。「特製だし醤油」はフタの上で温めますが、「たまごタレ」は温めてはいけません。

これが噂のどん兵衛初の湯切り!お湯を入れて5分経ったら湯切り。レギュラーどん兵衛にはない機能なだけに湯切りするときは不思議な感覚。

「たまごタレ」は想像以上にとりみがあります。釜玉を再現するには十分すぎるとろみであります。

食べてみると、うん!確かに釜玉を感じます。特製のだし醤油も釜玉うどんの定番の味に寄せてきており、なにより「たまごタレ」の味のインパクトがなかなかのもの。ちなみに「たまごタレ」はキューピー社製。

麺はどん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどんとのことですが、スープがないせいかうどんの食感がダイレクトに伝わるかんじ。モチモチ感はありますが、”食べごたえ”という点は影を潜めている感じです。

トータル的な印象は、ツユがなく使用されている食材もシンプルながら味が予想以上にしっかりしている感じです。食べ進めていると「たまごタレ」がどんどん主張してくるので、個人的に最後の方は味の濃さが気になりました。

ツユがないのでカロリーは控えめかと思ったけど、425kcalあります。これはレギュラーどん兵衛とほぼ変わらない数字ですね。

どん兵衛初の湯切りタイプ、そしてカップ麺には珍しい”釜玉うどん”を再現ということで、普段カップ麺を好んで食べている人はチャレンジして見る価値ありです!

 

日清のどん兵衛

 

RELATED 関連する記事