歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

室町時代を築いたレジェンド・足利尊氏の生涯に迫る!その1

室町時代を築いたレジェンド・足利尊氏の生涯に迫る!その1

親の喪中に出陣命令!北条の圧政に源氏はついに立ち上がる

1331年に父貞氏が亡くなり、それに先立って兄も死んでいた事から高氏は足利の当主になります。その頃、後醍醐天皇が討幕計画を決行していたため、高時は高氏に出撃命令を出しました。高氏は喪中であった事から戦を断りますが、北条の縁者を妻にしていたことや圧力をかけ続けられたことなどで逆らえず、渋々出兵することとなります。

高氏は後醍醐天皇、楠木正成らを相手に源氏の名に恥じぬ強さで戦い、見事に勝利します。が、嫌々ながらの出陣であったために朝廷への謁見もせずに鎌倉へ帰り、上皇にも呆れられてしまいました。しかし、その強さと飾り気のない人柄が高氏の周りに多くの人を引き寄せ、強い原動力を生むのです。

(※1)北条時宗に殉死した、内乱を起こした親族に連座したと諸説あり。

 

RELATED 関連する記事