グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

どゆこと?不思議、まるでかき氷のような常温保存できるシャーベット「夏季の氷」

どゆこと?不思議、まるでかき氷のような常温保存できるシャーベット「夏季の氷」

洋菓子に和の趣を取り入れたお菓子ブランド「WA・BI・SA(ワビサ)」。WA・BI・SA(ワビサ)が2016年に発売した常温で保存できるシャーベット「夏季の氷」の季節限定販売がスタートしました。

日本の夏といえばやはりかき氷が風物詩として思い浮かぶと思いますが、「夏季の氷」は常温保存ができるフローズンデザート。好きな時に食べたい分だけ凍らせていただくスイーツなんです。見た目はまるでかき氷のような不思議なデザート。

味わいはスッキリとした口どけが特徴で、苺、レモン、メロンのかき氷の定番のフレーバー3種が用意されています。それぞれのフレーバーにはミルクの風味を加えた層もあり、2層仕立てとなっています。

食べ方は、食べるまえに12時間以上凍らせて、食べる時になったら常温で10分ほど解凍します。そのまま食べてもいいですが、ヨーグルトや牛乳、練乳などをかけて食べたり、サイダーをかけて食べてもオススメとのこと。

とってもユニークな趣向のデザートで常温でも保存できるから、夏の贈りものにも良いかもしれませんね。

「夏季の氷」は8月31日(金)まで販売予定となっています。

 

WA・BI・SA

 

RELATED 関連する記事