歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なんと妖怪のミイラも展示!国内の貴重な妖怪資料が大集合「妖怪・ミイラ展 ~浮世絵から幻獣ミイラまで~」

なんと妖怪のミイラも展示!国内の貴重な妖怪資料が大集合「妖怪・ミイラ展 ~浮世絵から幻獣ミイラまで~」

なかなかマニアック!

妖怪、ミイラ、幻獣など摩訶不思議な世界が好きな人にはたまらない展覧会が開催されます。今回紹介するのは、国内の貴重な妖怪コレクションを展示する「妖怪・ミイラ展 ~浮世絵から幻獣ミイラまで~」

もう展覧会のタイトルからしてそそられますが、本展は、妖怪資料コレクターであり民俗学者の湯本 豪一さんがこれまで集めてきた妖怪資料をメインに展示する展覧会。

湯本さんのコレクションは広島県三次市に寄贈されており、三次市は2019年にこのコレクションを展示する「(仮称)湯本 豪一記念日本妖怪博物館」を開館予定ですが、本展ではこのコレクションの中から葛飾北斎の「百物語 お岩さん」「番町皿屋敷」や、「百鬼夜行絵巻」「神農化物退治絵巻」「錦絵:白縫譚」「茨木童子図名古屋帯」などを展示することとなっています。

葛飾 北斎の浮世絵「百物語 お岩さん」

さらに哺乳類、鳥類、爬虫類などの生物を加工した人魚・河童・烏天狗などのミイラも展示。学術的な解説とともに紹介されます。そして、個人的にかなり気になっているのが、妖怪「件(くだん)」の剥製の展示です。

妖怪・件の剥製

件とは日本に古くから伝わる妖怪で、人間と牛のハイブリッド妖怪。歴史資料が好きな方の中には、江戸時代のこのかわら版を見たことがある人もいるのではないでしょうか?

天保7年のかわら版

本展では件の剥製を御神体とした神社を設置して展示されるそうで、希望者には件とのツーショット写真も可能とのこと(別途500円税込)。

かなりマニアックな香りがする本展、開催期間はゴールデンウィークもはさみますので、ファミリーで摩訶不思議な世界の関心を深めてみてはいかがでしょうか?

「妖怪・ミイラ展 ~浮世絵から幻獣ミイラまで~」は4月21日(土)~5月13日(日)の期間、名古屋パルコ 西館8階パルコギャラリーで開催されます。

妖怪・ミイラ展 ~浮世絵から幻獣ミイラまで~

  • 開催日時: 2018年4月21日(土)~5月13日(日) 10:00~21:00 (最終入場 20:30) ※最終日は19:00まで(最終入場18:30)
  • 会場: 名古屋パルコ 西館8階パルコギャラリー
  • 入場料金:
    【当日】 一般 1,000円 高校生・中学生800円 小学生以下 600円
    【前売】 一般 900円  高校生・中学生700円 小学生以下 500円
    三歳未満は無料

公式ホームページ

 
 

RELATED 関連する記事