エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

目の付けどころがいい!映画「男はつらいよ」全作品から鉄道シーンを一挙紹介する至極の一冊

目の付けどころがいい!映画「男はつらいよ」全作品から鉄道シーンを一挙紹介する至極の一冊

渥美清さん主演をつとめ全48作が公開された映画「男はつらいよ」。この映画の中で登場した鉄道シーンにフォーカスして紹介する、『寅さんの列車旅 映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを紐解く』が発売されています。

映画「男はつらいよ」シリーズは昭和44年(1969年)から公開されてきた昭和の名作で、現在では見ることのかなわない廃止された地方のローカル線や蒸気機関車、夜汽車が現役で走っているシーンが、映画の中に見ることができます。

この本ではそんな懐かしの鉄道が数多く紹介されています。著者は鉄道の旅を紹介する雑誌「旅と鉄道」の編集部なので、鉄道ファンの目線からも楽しめる内容となっているのではないでしょうか。

さらに映画で寅さんが旅をした町や葛飾柴又などにも実際に訪れて、寅さんの聖地の現在の様子も紹介しており、寅さんファンにとっても至極の一冊となります。「男はつらいよ」全48作品のあらすじや見どころなども紹介されているので、あらためて「男はつらいよ」シリーズを一気見する良い機会かもしれませんね。

『寅さんの列車旅 映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを紐解く』は3月11日から全国書店やAmazonなどで発売中です。価格は1,700円+税。

寅さんの列車旅 映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを紐解く

 
 

RELATED 関連する記事