アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

やっべぇぞ!お寺の本堂で「地獄と極楽浄土」をテーマにしたプロジェクションマッピングの未来感よ

やっべぇぞ!お寺の本堂で「地獄と極楽浄土」をテーマにしたプロジェクションマッピングの未来感よ

建物や物体にコンピュータで制作したグラフィックを投影させるプロジェクションマッピング。近年はさまざまなイベントでおこなわれているので、一般的に知られる技術になりました。

そのプロジェクションマッピングを、お寺の本堂のスペースをいっぱいに使って行う「プロジェクションマッピング法要」なる法要が、東京都荒川区の町屋光明寺で開催されます。

これはやっべぇぞ!

同寺では3月7日にメディア向けにこのプロジェクションマッピング法要を開催。約10分間にわたる法要のテーマは「地獄と極楽浄土」。花が咲き乱れる現世から一転、地獄に落ちたところに住職が登場し読経により浄土に導く…というストーリーを、プロジェクションマッピングを利用して表現しているそう。

この体感型の法要とこれまでの住職による法要を融合させ、眠くなりがちな法要を飽きのこない校正にしているとのこと。

先行公開時の様子がこちら。

そしてこのプロジェクションマッピング法要、今月から一般向けに開催されるのです!すでに申し込み可能になっている日程は3月18日(日)、21日(水・祝)、24日(土)。参加費無料ですが各日先着30名なので、気になった方は即ポチ。町屋光明寺 プロジェクションマッピング法要

実はお寺などでプロジェクションマッピングおこなわれるのは、少ないですがこれまでにも開催されてきました。これまでJapaaanで紹介してきたものの中から、取り分けて圧巻だった一風変わった場所でのプロジェクションマッピングを貼ってきますので合わせてどうぞ!

超スーパー極楽浄土だこれ!テクノに合わせてお仏壇が光に包まれる「テクノ法要」がヤバい!

福井県にあるお寺「照恩寺」で実に面白い試みが行われています。照恩寺が、いかに仏教に興味を持ってもらえるかを考えて行なっているのが「テクノ法要」というものなのです。「まさかテクノミュージックをか…

もうこの世じゃないっ! 開創1200年記念 高野山のプロジェクションマッピングが凄まじい

空海が高野山を開いてから2015年で1200周年になります。それを記念して高野山では大法会が行われており、伽藍金堂と金剛峯寺の御本尊も特別開帳されています。そして高野山の根本大塔(こんぽんだい…

お寺が幻想世界に!大晦日の風物詩、名刹・圓融寺の除夜の鐘プロジェクションマッピング

師走に入り、年末もだいぶ押し迫ってきました。大晦日といえば除夜の鐘。深夜0時、ちょうど日付が変わり新しい年が訪れるのを、鐘を突きながらお迎えする行事です。人が持つと言われている百八の煩…
 

東京御廟

 

RELATED 関連する記事