歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

ビジュアル良すぎる(笑)日本の古墳を世界と比較し特質をあぶり出す「世界の眼でみる古墳文化」開催中

ビジュアル良すぎる(笑)日本の古墳を世界と比較し特質をあぶり出す「世界の眼でみる古墳文化」開催中

国立歴史民俗博物館で、2019年の先史・古代展示室のリニューアルに先立って、古墳文化にスポットを当てた企画展示が行われています!

3月6日(火)から始まったのは、約100点のさまざまな展示を通して古墳文化を紹介する「世界の眼でみる古墳文化」です。

ビジュアルのセンスよし!!!

本展では、日本の歴史と文化の最大のシンボル「古墳」を、世界の先史モニュメントと比較することで特質をあぶりだし、古墳に葬られた王の姿を、出土品などから復元する試みがおこなわれます。

第1章「王権とモニュメント」では、先史モニュメントは、神のすまい(神殿)、王の墓(墳墓)、行為の場(広場やサークルなど)さまざまな形をとり、それがその社会の特質を反映していることを、パネルで解説。第2章「王と墓:権威と象徴性」では、中南米や北米、ヨーロッパなど5地域の先史モニュメントを、パネル・映像、出土品などから特質を紹介します。

第3章「古墳時代の王の姿」では、古墳から出土された武具や鏡、祭祀遺物などを展示することで、英雄、呪術者、司祭者、手工業の元締めなど、人々に畏怖され尊敬された王の実像を再現します。

  • 第1章 王権とモニュメント
  • 第2章 王と墓:権威と象徴性
  • 第3章 古墳時代の王の姿
  • 第4章 古墳時代へのまなざし
  • 第5章 古墳を見る「いま」の眼

企画展示「世界の眼でみる古墳文化」は3月6日(火)~5月6日(日)の期間、千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催中です。

企画展示「世界の眼でみる古墳文化」

  • 開催期間:2018年3月6日(火)~5月6日(日)
  • 会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
  • 料金:一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体
    ※総合展示もあわせてご覧になれます。
    ※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
    ※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
    (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
    ※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。
  • 開館時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)※開館日・開館時間を変更する場合があります。
  • 休館日:月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
 

国立歴史民俗博物館

 

RELATED 関連する記事