雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

氷が溶けないまるで魔法!金沢の金箔と日本の先端技術が出会った「金箔チタン二重タンブラー」

氷が溶けないまるで魔法!金沢の金箔と日本の先端技術が出会った「金箔チタン二重タンブラー」

日本が世界に誇る金属加工産地、新潟県燕市の最新チタン加工技術と石川県金沢市の伝統技術である金箔を組み合わせた、『金箔チタン二重タンブラー』が誕生しました。

金属の中でも「軽い、強い、錆びない」理想の金属といわれるチタン。美しい金色に輝くタンブラーは薄いチタンの二重構造になっています。間に入っている空気が「見えない壁」となり、高い保冷力・保温力を発揮します。二重構造だから結露もなく、熱い飲み物もすぐに持てるのです。

温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま。美味しいタイミングを飲み終わりまで提供してくれる、まるで魔法のようなタンブラーです。

チタン二重タンブラーの縁の厚みはわずか0.7mm。日本人の繊細な感性に応えるため、薄い縁に徹底的にこだわりました。2つのカップを接合しているにもかかわらず、縁がとっても薄いのでこれまでにない優しい口当たりで飲み物を飲むことができます。

特殊な技術で接合、熟練の職人の手によって溶接され、研磨されたタンブラーの縁は段差もなく薄く滑らかで、二重とはわからないほど。

素材となっているチタンは軽くて丈夫なだけでなく、液体を入れてもイオン化しないので無味無臭。飲み物を飲むときに金属臭さを感じさせないどころか、飲み物全てを美味しくまろやかに演出してくれます。また、アレルギーフリーで光抗菌作用があり、太陽・蛍光灯の光の当たる場所で乾かすだけで清潔をキープできるのもうれしいところ。

金属製の食器の口当たりが苦手、という方にこそ試していただきたいタンブラーです。

高性能なタンブラーがまとっているのは、日本国内の金箔生産量の98%以上を占める石川県金沢市の最高品質の金箔。金沢の匠の技で極限まで薄く伸ばされた金箔を、職人の手作業で丁寧に金箔を貼っていきます。

2つの金属加工名産地の職人の手を経て誕生した、ハイクオリティで煌やかなチタン二重タンブラー。ジャパンメイドの誇り高いプロダクトです。金色はおめでたいシチュエーションにもふさわしく、古来より特別な力や想いが込められてきました。タンブラーは専用の豪華な桐箱ギフトボックス入りだから、記念日のお祝いや大切な方へのギフトにもぴったり。

現在、クラウドファンディングサイトでは先行特別割引販売のプロジェクトが公開中。販売期間は2018年2月28日〜4月20日。お値打価格のリターンは数量限定となっていますので、お早めにどうぞ。

 
 

RELATED 関連する記事