歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

陰陽師 安倍晴明と縁者?映画「空海-KU-KAI-」に登場する阿倍仲麻呂ってどんな人?[後編]

陰陽師 安倍晴明と縁者?映画「空海-KU-KAI-」に登場する阿倍仲麻呂ってどんな人?[後編]

前回の前編では阿倍仲麻呂の生い立ちと、彼の唐における活躍について紹介しました。

波乱万丈の生涯!映画「空海-KU-KAI-」に登場する阿倍仲麻呂ってどんな人?[前編]

2月24日に日本で公開された映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』の登場人物の一人に阿部寛さんが演じる阿倍仲麻呂(あべ の なかまろ)と言う人物が居ます。彼は、日本からの留学生にして唐(中国)の…

後編では、仲麻呂の栄光と悲劇について紹介します。

日本へ帰りたい!幾度も帰国にチャレンジしたが…

752年、唐で貴族の位を賜る栄誉と富貴を受けていた仲麻呂のもとに、12度目の遣唐使船が来たとの連絡が入りました。35年もの間日本を離れていた仲麻呂は、翌年に帰国を決意します。この時に詠んだ和歌が百人一首で有名なこの歌です。

「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」

友人らに送られた仲麻呂が乗った船は暴風雨で難破してしまい、親友が死んだと聞いた李白は悲しんで追悼の詩を贈りました。しかし、仲麻呂は九死に一生を得てベトナムに流れ着き、755年に唐の首都・長安に変えることに成功したのです。

この年に唐で内乱が起こり、仲麻呂を心配した迎えが日本からやって来ます。すると、唐の朝廷は危険だとして帰国を許可しませんでした。こうして帰国を断念した仲麻呂はベトナムの総督になるなど、外国人官吏でありながら異例の出世を果たします。

優れた文才で日本ばかりか唐でも名を挙げ、玄宗皇帝や李白など現地の優しい人々に迎えられて栄華を極めた傑物・仲麻呂でしたが、日本に帰る夢は叶わず、770年に世を去ります。享年は73歳でした。

2ページ目 阿倍仲麻呂はあの陰陽師・安倍晴明と縁者だった?

 

RELATED 関連する記事