グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今度はお酒に!定番ふりかけ「ゆかり」が甘酸っぱい缶チューハイになりました

今度はお酒に!定番ふりかけ「ゆかり」が甘酸っぱい缶チューハイになりました

日本の食卓の定番の赤しそふりかけ「ゆかり」がなんとなんとお酒になっちゃいました。2月27日(火)に発売されるのは、三島食品が発売している”ゆかり”をベースにした「三島のゆかり®使用チューハイ」です。

おぉ!パッケージもそのままにゆかりパープル!

「三島のゆかり®使用チューハイ」は三井食品から発売される缶チューハイで、ゆかりの原料となっている赤しそ生葉から抽出したエキスを使用しているんです。赤しそが効いた鮮やかな赤紫色のチューハイですが、着色料・香料は無添加。

甘酸っぱい味わいが特徴とのことで、缶チューハイなので晩酌にもぴったりなお酒ですね。缶チューハイには梅缶チューハイなどもありますので、酸味の効きとしては近いものがあるかもしれませんね。シソ好きな私としては、シソの香りがどれほど生かされているのかが気になるところ。

ゆかりは昨年、岩下食品の「岩下の新生姜」とコラボで「岩下の新生姜 ゆかり仕立て」という商品をリリースしていましたが、意表を突いた商品展開に今後も期待です。

「三島のゆかり®使用チューハイ」は2月27日(火)から全国で発売。アルコール度数は5.0%。価格は350ml缶で141円(税別)。

 

 

 

RELATED 関連する記事