エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

キティちゃんがまたまた仰天コラボ!今度は歌舞伎と融合「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」

キティちゃんがまたまた仰天コラボ!今度は歌舞伎と融合「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」

数々のコラボレーションの実績を重ねてきたハローキティが、またまた仰天の新コラボを果たしました。日本のカワイイ代表と、日本の伝統芸能である歌舞伎が融合した「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」が、2018年3月10日(土)から東京都多摩市のサンリオ・ピューロランドで上演されます。

キティちゃんが歌舞伎の登場人物に扮する姿はこれまでにもありましたが、演目としての歌舞伎に挑戦するのは初めてなのだそうです。ミュージカルでは、サンリオ人気キャラクターたちも登場する、参加型の新しいスペクタクルショーになってお目見得します。キティちゃんらしく、ハートモチーフやリボンがいっぱいに散りばめられた豪華絢爛な衣装も必見。キャラクターたちの可愛らしさが際立つ歌舞伎メイクや隈取もとってもお似合いです。

KAWAII KABUKIの監修は松竹株式会社。声の出演には中村獅童(二代目)、映像出演に坂東巳之助(二代目)、歌舞伎演技指導に市川笑三郎、脚本・演出・作詞はスーパー歌舞伎セカンド「ONE PIECE」を手掛けた横内謙介氏を始め、歌舞伎界からも豪華メンバーが多数参加しています。松竹とサンリオが共同開発した、かぶきにゃんバサダー「かぶきにゃんたろう」も映像で出演するとのこと。

ストーリーは、ハローキティ一座への書き下ろし。座頭のキティちゃん率いる、ハローキティ一座のこけら落とし公演「桃太郎」の上演から物語はスタートします。鬼はバッドばつ丸、その鬼に立ち向かう正義の武者を、シナモロール・ポムポムプリン・ディアダニエルが演じます。物語のベースは桃太郎ですが、鬼退治でめでたしめでたしとはいかず、劇場中が物語に巻き込まれていくスペクタクルショー。どんな内容になるのか期待が膨らみますね。

スーパー歌舞伎でも話題となったアクロバティックなダンスパフォーマンス、プロジェクションマッピングの演出など、見どころいっぱいの新作ミュージカル。歌舞伎を見たことのない方や、ちびっこたちにも楽しんでもらえる内容となっているようです。

 

見得や立廻りなどの歌舞伎の技法もちらりとお目もじのダイジェスト映像も公開されています。

ファンの予想も超えたカワイイと歌舞伎のコラボレーション。いろんな要素が盛り込まれたミュージカルの開幕が楽しみです。

「KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~」は、2018年3月11日(土)から、サンリオピューロランド1階メルヘンシアターで上演開始。上演時間は1回約40分。通常のパスポート料金で観覧できます。

 

KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~ | サンリオピューロランド

 

RELATED 関連する記事