グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

圧倒的抹茶感!最大24%、抹茶濃度が違う5種類のチョコが楽しめる「抹茶チョコ食べ比べセット」

圧倒的抹茶感!最大24%、抹茶濃度が違う5種類のチョコが楽しめる「抹茶チョコ食べ比べセット」

こんな素敵な食べくらべならいつだって体験してみたい♪

京都でお茶を生産している農業法人 D-matchaが、抹茶の濃さが異なるチョコレートをパッケージした「抹茶チョコ食べ比べセット」を発売します!

グラデーションの美しさ!

「抹茶チョコ食べ比べセット」には抹茶の濃度が違う5種類の抹茶チョコとほうじ茶チョコ1個が入っていて、抹茶チョコの食べ比べができるようになっているんです。抹茶チョコの抹茶濃度は3%〜24%まで用意されていて、24%の抹茶チョコは一粒で薄茶一杯分の抹茶が楽しめるほどの濃度なんだとか。

  1. おくみどり3%・・色鮮やかな抹茶色、後味にほのかに香る抹茶の風味
  2. おくみどり6%・・チョコと抹茶のバランスが絶妙なスタンダード
  3. おくみどり12%・・濃茶のような色合い、抹茶のコクある苦みが味わえる
  4. おくみどり18%・・抹茶好きにはたまらない、ひと口目から抹茶が鮮烈に香る濃厚さ
  5. おくみどり24%・・厳選されたおくみどり品種の抹茶を使用、1粒で薄茶1杯分の抹茶を楽しめる、まさに食べる抹茶
  6. ほうじ茶・・ローストされたほうじ茶の香ばしさが香る、子どもから大人まで万人に愛される味

抹茶チョコに使用されている抹茶は「おくみどり」という品種が使用されていて、この「おくみどり」は全国の抹茶生産量のうち約3%しかない希少なもの。抹茶そのものの味を楽しめるように、チョコレート以外の原材料は使用していない正真正銘の抹茶チョコなのです。

抹茶チョコはスイーツの定番商品なので、違うブランド同士の味わいを比較することはあっても、同じ工程で作られた商品で抹茶濃度の違いを比較するというのは、なかなかコアな楽しみ方ですね。

抹茶の濃度の違いを楽しむスイーツと言えば、壽々喜園の抹茶ジェラートが大人気ですが、抹茶スイーツの楽しみ方のひとつとしてこういったかたちは大アリですね。

様々な濃度の抹茶の味わいを楽しめる「抹茶チョコ食べ比べセット」は2月から発売されます。パッケージは6ヶ入(各1個)で800円のものと、12ヶ入(各2個)で1500円のものの2種類で発売されます。

 
 

RELATED 関連する記事