歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 身体チェックで価値を決める…江戸時代、吉原遊郭に身売りされた娘には非情な仕打ちも

身体チェックで価値を決める…江戸時代、吉原遊郭に身売りされた娘には非情な仕打ちも

処女以外の女には非情な仕打ちも

女郎になる女は、全員が処女というわけではありません。男と別れてきた女や淫乱な女など、処女でない者もいたとか。そんなときは、体つきや経験値でランク分けします。

女の性毛が密集している場合、性交のときに男の亀頭を傷つけてしまうことがるので、毛抜きで一本一本抜くか線香で焼き切るしかありませんでした。

そして台所などの力仕事を30日やらせたら、再び性器のチェックを行います。女性器があまりに大きく締まりがないと判断したら、灸治を行ったそう。これは、たいそう効果はあったとのこと。

それにしても、非情な仕打ちといってもいいほどですね。でも、吉原に来たからには、商品として働くしかありません。吉原は、言葉では言い表すことのできないほど厳しい世界だったのです。

参考文献:大江戸性愛学江戸の性愛術

 

RELATED 関連する記事