歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なんと400語超あるとも言われる日本情緒あふれる「雨の呼び名」を一挙ご紹介

なんと400語超あるとも言われる日本情緒あふれる「雨の呼び名」を一挙ご紹介

降り方による雨の名前

強い雨

篠突く雨:しのつくあめ:激しく降る雨のこと。まるで細い竹、篠で突くような雨。
飛雨:ひう:風まじりの激しい雨。

弱い雨

小雨:こさめ:軽い降雨。数時間降り続いても降水量が 1mm未満の雨。
涙雨:なみだあめ:涙のようにほんの少しだけ降る雨のこと。日本語の美しい表現のひとつです。
天気雨:晴れているのに降る雨。
天泣:てんきゅう:空に雲がないのに細かい雨がふってくること。まるで天が泣いているとした感性の繊細さが素敵です。天気雨の別称。
狐の嫁入り:きつねのよめいり:お日さまが照っているのに降る雨のこと。天気雨と同じ意味。
微雨:びう:急に降り出し、すぐに止む雨。濡れてもすぐ乾く程度の弱い雨のこと。

いきなりの雨

鬼雨:きう:鬼の仕業かと思うような並外れた雨。近年登場した言葉「ゲリラ豪雨」の和名。
驟雨:しゅうう:急にどっと降り出して、しばらくすると止んでしまう雨。にわか雨、村雨とも。
俄雨:にわかあめ:天気予報では「にわか雨」と表記されることが多いですが、漢字ではこのように書きます。
通り雨:さっと降ってすぐに止んでしまう雨。さまざまな呼び名がある雨の降り方です。
村雨:降り方が激しくなったり、弱くなったりする通り雨。戦艦や、南総里見八犬伝の中に登場する架空の日本刀の名前にも使われました。

降り続く雨

宿雨:しゅくう:前夜から降っている雨。連日降り続く長雨のことを意味することもあります。
陰雨:いんう:しとしとと降りつづく陰気な雨。淫雨と表記されることもあります。
地雨:じあめ:一定の強さで長く降り続く雨。
霖雨:りんう:幾日も降り続く雨のこと。

4ページ目 こんな雨の名前、聞いたことある?とても珍しい雨の名前

 

RELATED 関連する記事