歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸吉原、遊女がいた妓楼(ぎろう)ってどんな所?大見世から河岸見世まで規模も様々

江戸吉原、遊女がいた妓楼(ぎろう)ってどんな所?大見世から河岸見世まで規模も様々

妓楼の中はどんな感じだったの?

妓楼の一階には、土間や台所、風呂やトイレがあり、奉公人はここで生活していました。さらにその奥には、楼主の居室や奉公人の雑魚寝部屋、二階には遊女の部屋、客と過ごす場や宴会場などがありました。2階の階段そばには、遣手部屋というものがあったそう。この遣手部屋というのは、遊女を監督する遣手の部屋のことで、遊女や客の動きを見逃すまいと目を光らせていました。

遊女たちが、おそらく一日の大半を過ごす場所が、この妓楼。きっと、多くの遊女、そして妓楼で働く人々や客の出入りで、日々賑やかだったのでしょう。

関連: 幕末〜明治、在りし日の吉原遊郭の古写真を街並みにスポットを当てまとめました! 

参考文献:お江戸吉原草紙 原書房

 

RELATED 関連する記事